インターンシップ|採用情報|古藤工業株式会社 

トップ > 採用情報 > インターンシップ

採用情報

インターンシップ

『インターンシップ』とは、企業等での就労体験を通して、実社会の厳しさを体験して頂くと共に勤労意欲や職業観を身に付けた職業人を育成することを目的に、教育の一環として取り上げられているものです。

過去のインターンシップ レポート

2013年度卒

いわき養護学校 高等部の3年生を2名受け入れ、2012年6月11日~6月15日の5日間で業務の説明を受けたり、作業を体験してもらいました。

食券作成業務を体験

製造業務を体験

検品業務を体験

Aさんの感想

5日間実習をさせて頂きありがとうございました。全部の作業がはじめてのことだったので時々メモを取りながら従業員の方の話を聞いて仕事をすることで間違えることなく作業することができました。また、1本のテープを切って作っていることやテープの他にプラスチゾルも作っていることがわかりました。今後は実習で学んだことを学校生活に活かしてがんばります。

Bさんの感想

現場実習でお世話になりありがとうございました。検査・製造・総務の軽作業などの仕事をさせて頂きました。初めての作業で最初はコミュニケーションを取るのにギクシャクしていましたが、皆さんからの優しい説明とサポートを頂き、無事5日間の実習を終えることができました。今後は大きな声であいさつすること、分からないことがあったらすぐに質問し、メモを取ることなど、実習で教えて頂いたことを活かして学校でもがんばります。

2012年度卒

勿来工業高校 機械科の2年生を2名受け入れ、2011年10月4日~10月6日の3日間で業務の説明を受けたり、作業を体験してもらいました。

会社概要や製品の説明を受けたり、5Sや安全、報連相(報告・連絡・相談)の意義や重要性を勉強してもらった後に5Sの清掃を体験

品質管理についての説明を受ける

検査業務を体験

製造業務を体験

Aさんの感想

1日目は、会社についての説明を聞きました。古藤工業は粘着テープを中心に製造している会社で、最初見た時、工場の大きさにびっくりしました。
2日目は、品質保証という部署で品質検査を体験しました。品質保証部は製品がJIS(日本工業規格)の基準に達しているかを調べるところでした。JISについては授業でも話を聞いていましたが、温度・湿度など細かい基準があることも知り、正直嫌になりました。
3日目は、製造業務を体験しました。布テープの原料になる物から出来上がるまでの製造過程を見学しました。今回の研修では今まで何げなく使っていた布テープの仕組みを少し知ることができました。
3日間のインターンシップを通して、社会人になるためには集中力が必要だと感じました。今回ご指導頂いた古藤工業の皆様には大変お世話になり、ありがとうございました。

Bさんの感想

1日目は、早めに家を出ましたが、道に迷ってしまい時間ギリギリになりとてもドキドキしましたが、社員の方が優しく接してくれたおかげで緊張が取れました。
2日目は、検査業務を体験させて頂きました。一つの商品が店頭に並ぶ為には、様々な検査が必要だということを知り、驚きました。
3日目は、製造業務を体験させて頂きました。同じ作業の繰り返しだったので、私は途中から飽きて作業が雑になってしまいました。しかし社員の皆さんは一つ一つ丁寧に扱っていらっしゃったので、すごいと思いました。
私は古藤工業で学んだ「KYT」や「5S」などを今後の生活に活かしていきたいと思います。また、丁寧に案内して頂きありがとうございました。



製品

Furutoの技術力

コラム

ニュース

会社案内

採用情報

Products

Product

Activities