case15 低温環境対応ブチルテープ|開発事例|古藤工業株式会社 

トップ > Furutoの技術力 > 開発事例 > case15 低温環境対応ブチルテープ

Furutoの技術力

Case15 低温環境対応ブチルテープ

技術 練る
製品 低温環境対応ブチルテープ
業種 建材向け
課題 低温性に優れたブチルテープの開発
効果 低温環境施工時に透湿防水シートが剥がれ難い
期間 約1年6ヶ月

依頼内容

常温又は高温環境では、施工時に問題は無いが低温環境(5℃~-10℃)での施工時には、テープから透湿防水シートが剥がれてしまう事が多発。現在は、テープや透湿防水シートを温めてから施工するなど手間をかけて作業している。何とか、低温環境(5℃~-10℃)でも剥がれ難いテープがほしいと言う声があった。

課題と解決方法

課題として、単純に低温性を向上させると高温性が低下する為、何らかの対処が必要。
解決方法として、配合構成にある「ポリマー・軟化剤・樹脂」に低温性を求めた選定とバランスをトライアンドエラーで追求し、低温性重視であるが、高温時の性能も保つ設計がこだわりとして取組みました。

お客様の声

  • 施工現場によって被着体の種類が変わる中でも低温時の作業性が良いと好評を得た。


製品

Furutoの技術力

コラム

ニュース

会社案内

採用情報

Products

Product

Activities